手作り指輪の始め方 | 手作り指輪実践ナビ

手作り指輪の始め方


手作り指輪を始めたいと思われた時には、まず、手作り指輪を体験できる手作り指輪工房探しをします。
手作り指輪の工房は、それぞれに違った特徴がありますから、よく調べて、手作り指輪が作りやすいと感じた工房に決めてください。
二人で作る手作り指輪の手法には3種類ありまして、彫金技法、鋳金技法、鍛金技法などがあります。
彫金とは、工具を用いて彫るという技法であり、鋳金とは溶かした金属を、鋳型に流し込む技法で、鍛金とは、金属を金槌で叩いて形を作る技法です。
このような技法がありますので、自分が習いたい技法の手作り指輪工房を選んでください。

▼ 目次

手作り指輪工房の探し方

手作り指輪工房を探す手段として一番いいのは、インターネットを利用することです。
自分の家から近い工房が良いでしょう。
東京だけでなく、大阪や名古屋などにも最近は多くの工房があります。
参考:名古屋で人気の手作り指輪のお店
インターネット上には、手作り指輪体験者募集の掲載があり、募集要項が詳しく書いてあります。
希望に叶った手作り指輪工房が見つかりましたら、予約をしてください。

手作り指輪工房に行かれますと、スタッフと、指輪の素材選びやデザインを決めて、手作り指輪にかかる費用の確認をします。
手作り指輪工房が見積書を提示してくれますから、御予算通りでしたら手作り指輪の制作に入ります。
手作り指輪は、自分に合った工房を見つけるまでの工程に時間がかかりますが、工房が決まれば、ベテランのスタッフが手作り指輪の段取りを説明してくれますので安心です。

手作り指輪の工房では、二人で作る結婚指輪をメインアイテムにして、カップル達に結婚指輪の制作を教えてくれるのもサービスのひとつです。
結婚指輪には、昔、既製品の指輪やブランドの指輪が用いられていましたが、最近は、結婚するお二人が記念の結婚指輪を作る風習になりつつあるようです。
宝石店で買う高価な指輪より、二人で作る指輪の方が、価値観が高まり、手作り指輪工房を利用されるカップルが増えてきたのです。

話題の手作り指輪はこちら

オリジナルの結婚指輪で二人だけの指輪を

ブランドの指輪は、誰もが憧れますが、高価なものは誰もが買えるものではありません。
しかし、それはお金の価値でしかなく、ブランド品の指輪を手に入れること以上の価値は、二人の想い出になる手作り指輪しかありません。
ブランドの指輪はお金を出せば誰でも買うことができますが、二人で作る手作り指輪は、二人にしか作れないオリジナルの結婚指輪です。
お金では買えない二人の想いの溢れた手作り指輪は、結婚指輪を二人で作りたいという気持ちが大事で、大きな愛情の表れでもあります。

長い結婚生活の中には、良き日も、悪き日もありますので、それを乗り越えるためには、何よりも二人の愛情が一番大切であり、愛情を蓄える人生の修練が結婚生活でもあります。
結婚生活の荒波は、愛情さえあれば乗り越えられますが、乗り越えにくい時には、手作り指輪を作った時の気持を振り返れば、新たに出直すきっかけになるかもしれません。

ちなみに手作り指輪は、耐久性も市販のものと比べて負けていません。
結婚指輪の素材には、強度の高いプラチナが人気でよく使われていまます。
プラチナの落ち着いた光沢は永久的で、耐久性の必要な結婚指輪には最高の素材です。

始めてでも安心して手作り指輪ができる

手作り指輪工房には、初めて指輪作りをされる方にも、分かり易くアドバイスしてくれる宝飾職人が傍いてくれますので、安心して結婚指輪が作れます。
結婚指輪を二人で作りたいと考えられた時が、手作り指輪に出会えるチャンスです。
長年にわたり学ばれて身に付けられた宝飾の技術を、工房で目の当たりにできるのは、手作り指輪工房の大胆な発想でもあります。
熟練された職人による手作り指輪のアドバイスは、貴重な財産になるでしょう。

手作り指輪で結婚指輪を作ったカップルの二人にお話しを 聞いたところ、ブランドものの指輪と比べて、断然指輪に対する思い入れが強くなったと言っています。
二人の絆の象徴だということが、いつも思い出されるので、肌身離さずつけているそうです。
そのカップルは、長年の交際を経て無事結婚することができたのですが、この指輪を作った後にも何回か工房を訪れて、別の指輪を二人で工作して楽しんだそうです。
手作り指輪工房は、東京のデートスポットとしても最近ではメディアに取り上げられつつあります。
SNS映えしやすいサービスでもあり、カップルが個室で指輪を作りながら写真撮影をするのがとても世間から受けが良く、いろんな工房でもこの個室貸出しサービスが取り入れられつつあります。

婚約指輪も手作り

手作り指輪は結婚指輪以外にも、婚約指輪を本格的に制作することができます。
結婚後も新鮮な気持ちを思い出させるために夫婦が婚約指輪を作りに来ることもあるようです。
手作り指輪制作サービスは、幅広い世界のカップルに受け入れられつつある、素敵なサービスだといえるでしょう。
手作り指輪には、ブライダルリングだけではなく、遊び心のあるペアリングやデザインリングが、数多く作れます。
恋人やお友達と、お仕事の帰りにでも手作り指輪の工房を尋ねてみられると、今までと違った世界が開けて恋人との日々の語らいが増えるでしょう。
恋人達に遊び心と楽しみ方を教えてくれる手作り指輪工房は、次はどのような夢を見させてくれるのでしょか。

新着情報

指輪を手作り!?本当にできるかな?

プレゼントに手作り指輪

相手へのプレゼントに、手作りの指輪を届けたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。また結婚指輪のように、唯一無比の指輪になるからこそ手作りを考えていることとおもいます。しかし、いち素人がゼロから指輪を作れるものなのでしょうか。
指輪職人への道は、厳しいものです。少し指輪について勉強したからとは言え、簡単になれるものではありません。何年も修行した人でも、作るのが難しい指輪。「手作りは無理」と考えるのは、当然です。
≫ 『指輪を手作り!?本当にできるかな?』

予算10万円で購入できる結婚指輪

結婚指輪の予算について

結婚指輪の予算は、結婚するうえでは考えないといけない重要なことです。
予算については、人の考えや趣味、嗜好もそれぞれですので正確な数値はだしづらいといえるでしょう。

しかし、結婚指輪の平均購入価格はだいたい25万円ほどといわれていますので、この数値を目処にして予算を考えることはできます。
予算を自分で考えるは難しいので、だれかに相談にのってもらいたいという場合もあると思います。

そのようなときは、指輪を購入しようと思っている店舗のスタッフに聞けば、結婚指輪の素材の金額やダイヤモンドなどの金額などを教えてくれて一緒に考えることができますので、事前に専門スタッフに相談するのはおすすめの方法です。

≫ 『予算10万円で購入できる結婚指輪』

結婚指輪の手作り!実践!!

手作り結婚指輪の主な流れ

結婚指輪の手作りは、2人の思い出作りにもなるでしょう。

そして将来生まれてくるかもしれない我が子にとっても、手作りの結婚指輪は最高の宝物になるはずです。

では結婚指輪は、実際にどういう形で作られるのでしょうか。

細かい部分に関しては工房にもよりますが、大まかな流れについて取り上げます。

予約から打ち合わせまで

まずは工房に予約を入れます。
≫ 『結婚指輪の手作り!実践!!』

2万で結婚指輪を作るには

2万で結婚指輪を作るコツ

結婚指輪は高級品が多い一方で、かなり安い指輪もないわけではありません。

方法次第では2万で指輪を作ることもできるのです。

しかし総じて高級品が多いため、コツを知らないとなかなか予算内に収まらないかもしれません。

知っておきたいコツをご紹介します。

素材は柔軟に選ぼう

結婚指輪の素材というとプラチナとゴールドの二択になることが多いですが、2万という予算ならどちらもあまりおすすめではありません。

両方とも高級素材ですから、これを選んだ時点でデザインに関わらず高くなりやすいのです。

この高級素材を使いながらも安い指輪がないわけではありませんが、もっと安い素材も柔軟に選ぶのがおすすめです。

結婚指輪にも使われる格安素材というと、シルバー、パラジウム、ステンレス、チタンなどがあります。

≫ 『2万で結婚指輪を作るには』

結婚指輪の素材の材質について

自分の好みな素材の材質を知る

結婚指輪を作るときにいろいろな素材を見ると思いますが、名前だけ見てもどれがいいのかよくわかりませんよね。

大事なのは材質、つまりその素材の特徴です。

これを知ることで好みの素材がわかることもありますから、ぜひ知っておかれるといいでしょう。

プラチナとゴールドの材質

結婚指輪といえばこれらが非常によく使われています。

ひとまずどちらかにする方も多いでしょう。

どちらも希少価値が高く、高級感は断トツです。

そのかわり、数ある結婚指輪の素材の中でも高いことは知っておくといいでしょう。

指輪の値段をなるべく抑えたい方には、実はあまり向いていない素材です。

ほかにも強度がそれほど高くないという材質もあります。

そのため別の素材を混ぜて合金にし、強度を高めているのです。

そのおかげで日常の使用は問題ありませんが、強度を気にする方は少し注意してください。

補強に使った素材の関係で金属アレルギーも出やすい素材です。

≫ 『結婚指輪の素材の材質について』